医療ミスと証拠

医療過誤訴訟は一般の民事事件に該当しますが、そこには難しい面があり、それは医師の過失の扱いにあります。病院という狭い世界の中で起こることもあり、また、医師がどのような注意義務を負っているか明確に表示されていないからとも言えます。医療過誤の場合には立証責任が患者側にあるのも難しい面の1つで、手術室や病室で起こったとしても目撃者は病院側の人間がほとんどで、目撃証言に関しても期待することはできないことになってしましまいます。これが、よく密室の壁と言われる理由です。他に、専門性の壁があり、被害者側はすべて素人で、なにがあったのか分からないのも実情です。また、医師会に見られるように共同体の存在が強く、他の医師の協力を仰ぐにも難しい面があります。最近は病院においての記者会見や原因究明の第三者委員会が設けられることが多いので、訴訟をする場合などは有利な面もありますが、依然として証拠を集める場合には大変な時間がかかります。カルテ等の保全も大事なことで、検査記録の確保も必要となり、改ざんや資料の抹消には注意をしなけばなりません。提訴を決めた場合には専門家への相談とともに弁護士へ委任するのが一番であり、安心できます。

Comments are closed.