不法行為責任

不法行為責任という言葉があります。これは一般的な方が体験するようなシーンとしては、自動車での交通事故などで利用されている場面が見られます。自動車事故では故意または過失によって、被害者となる方が出てしまい、何かしらの損害を与えてしまった際に発生することになります。この件に関しては一般的には加入をしている自動車保険会社によって損害賠償が行われることになり、あまり大きな問題に発展しない傾向がありますが、事故の性質によっても大きく変わる部分を持っています。その一方で、医療関連の業種においても同じような事柄が発生してしまうケースも見られます。いわゆる医療ミスが起因していることになりますが、医療ミスを犯してしまい障害や死亡事故などを起こしてしまった場合では、当事者やその遺族によって医療施設または医師などが責任を問われることになります。一般的には刑事責任と行政責任に分類することができ、刑事責任では一般的には金銭的な部分で賠償されることになり、行政責任の場合では、業務停止や免許の取り消しなどが実施されていることが一般的になります。医療事故の場合では、事故に関する状況を正確に証明することが求められており、素人では判断できない部分が多々あるために、専門家に依頼をすることも一般的になります。

Comments are closed.