法律扶助制度

法律扶助制度というのは、弁護士・司法書士の報酬や、裁判の費用などを自己資金のなかから支払うことが困難な人のため、公的な資金をもって、裁判を受ける権利を支援するための制度のことをいいます。
司法制度改革によって誕生した日本司法支援センター、通称で法テラスとよばれている組織が、現在はこの制度の窓口となっています。
制度を利用するにあたっては、いったんこの法テラスで弁護士が行っている法律相談を受け、さらに収入その他の財産の状況などについての審査を通過してからとなります。
あくまでも資力がない人向けというのがこの制度のポイントですので、自己資金で十分に弁護士費用などを支払うだけの余裕がある人が、安易にこの制度の申し込みをしないようにするためのものです。
もし制度の適用がきまった場合、法テラスのほうでいったん弁護士費用などを立て替えてもらえますので、以後毎月5,000円から10,000円程度の分割払いによって返済し、おおむね裁判が終わってから3年を目処に返済を完了することとなります。
ただし、生活保護を受けているなどの特別な事情がある場合については、この返済についても猶予してもらえるという制度があります。

Comments are closed.