他人事ではないかも!?医療訴訟について

医療過誤訴訟は、患者側の勝訴率は2割程度と、大変難しい訴訟だと言われています。病院側に明らかに過失があった場合には、示談で解決しますので、裁判になるのは立証が困難なケースです。また、医療裁判では、治療が功を奏しなかった場合でも、一定水準に達した治療なら過失が認められないケースが少なくありません。さらに、医療機関側の過失を証言してくれる医師を見つけることは難しいという現実もあります。こうした理由から、患者側の勝訴率が低くなります。
医療裁判では、弁護士にも医学の知識が必要です。患者側の代理人の場合、診療記録を分析して自分で調べなければならず、高度な専門知識が要求されることもあります。また、裁判官に医学的問題を分かりやすく説明して、理解してもらうことも必要です。訴訟を起こす場合には、医学の知識と医療裁判の経験が豊富な弁護士に相談することをおすすめします。
医療事故を疑った場合には、医師の診断や治療内容の詳細、症状の移り変わり、医師の説明など、詳細にメモにとっておきましょう。医師から説明を受ける際には、出来る限り冷静に対処し、カルテの閲覧も求め、記録しておきます。早い段階で弁護士に相談して、アドバイスを受けましょう。